ヤクルト青木 7年ぶりの神宮に笑顔「懐かしい感じある」

[ 2018年3月1日 08:10 ]

片手でティーバッティングをする青木
Photo By スポニチ

 ヤクルトの青木が、本拠・神宮での初練習を行った。2011年以来7年ぶりにユニホーム姿でグラウンドに立ち「新しいビルとかが建っていて景色が違うな、と思った。懐かしい感じはありますね」と笑顔を見せた。

 フリー打撃では46スイング中4本の柵越えを放つなど、約5時間のメニューを精力的にこなした。2月24日の阪神とのオープン戦初戦(浦添)では「1番・中堅」で先発出場し、オープン戦初安打を放つなど沖縄・浦添での春季キャンプから調整は順調。次回の実戦は3日の巨人戦(東京ドーム)が予定され「4番・中堅」で先発出場する。小川監督は「フルメンバーで戦う」と話し、複数の打順を試しながら開幕戦までに固めていく方針だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月1日のニュース