ヤンキース サンチェスに一発 新加入スタントンも存在感 Dバックス平野は黒星

[ 2018年3月1日 13:24 ]

初回に2ランを放ったサンチェス(右)はスタントンとタッチ (AP)
Photo By AP

 米大リーグのオープン戦は2月28日(日本時間3月1日)に各地で行われ、ヤンキースのサンチェスがタイガース戦で豪快な2ランを放った。

 「4番・捕手」でスタメンに名を連ねたサンチェスは初回の第1打席で会心の一振り。快音を残した打球は高々と舞い上がり、左中間フェンスを超えた。また、ヤンキースはこの試合でジャッジと新加入のスタントンも先発出場。「2番・指名打者」のジャッジは2打数無安打、「3番・右翼」のスタントンは4回の第2打席で右中間フェンス直撃の二塁打を放つなど、3打数2安打と存在感を示した。

 エンゼルスはインディアンスを相手に3―15と大敗。スタメンにはトラウトやプホルスといった主力級がずらりと並んだが、投手陣が23安打とインディアンス打線に打ち込まれた。なお、大谷は出場しなかった。

 ダイヤモンドバックスは平野がロッキーズ戦で2度目の登板。4番手の投手として5回からマウンドに上がったが、1回3安打2失点の内容で黒星を喫した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月1日のニュース