米選手会、消極補強に不服申し立て マーリンズなど4球団

[ 2018年3月1日 05:30 ]

 大リーグ選手会はマーリンズ、アスレチックス、パイレーツ、レイズが所得分配金をチーム強化に使用していないとして大リーグ機構(MLB)に不服を申し立てた。

 このオフ、マーリンズは昨季ナ・リーグMVPのスタントンら主力を次々と放出するなど、4球団は補強に消極的とされる。MLBは「申し立てを受けたが、メリットはないと思っている」と声明を出した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月1日のニュース