早すぎる34歳…元フィリーズ右腕が自動車事故死

[ 2017年11月26日 05:30 ]

 元フィリーズの右腕でキューバ代表としてもプレーしたミゲル・アルフレド・ゴンザレス投手が23日、母国で自動車事故のため死去したと複数の米メディアが伝えた。34歳だった。

 同投手はキューバを亡命後、13年に3年総額1200万ドル(約13億4400万円)でフ軍と契約。しかし、メジャー登板は14年の6試合のみで16年の開幕前に自由契約となっていた。フ軍は公式ツイッターで「突然の訃報に悲しんでいます」と哀悼の意を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月26日のニュース