二刀流の中央学院・大谷 6K締め 年内最後の練習試合

[ 2017年11月26日 05:30 ]

 今秋の関東大会を制し、来春のセンバツ出場が確実視される中央学院が、千葉県我孫子市の同校で船橋芝山と年内最後の練習試合を行った。エースで主砲の二刀流で、来秋ドラフト候補の大谷は2試合目の7回から救援。明治神宮大会以来の登板で3回1安打無失点、6奪三振だった。

 「体が少し重かった。冬はもっとパワーをつけたい」。視察したロッテの山森雅文スカウトは「直球の切れが素晴らしい。投打両方で見ていく」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月26日のニュース