中日・田島 笑って許して「負け投手になるのはこれが最後」

[ 2017年11月26日 05:30 ]

昭和生まれ対平成生まれの紅白戦で、昭和チームの先輩に土下座され、慌てて自分も土下座する平成チームの田島(中央)
Photo By スポニチ

 中日のファンフェスタがナゴヤドームで行われ、球団初の試みとして約3万人のファンの前で来季の新人8選手があいさつ。ドラフト1位・鈴木博(ヤマハ)は「開幕1軍を目指して頑張ります」と意気込んだ。

 メインイベントの紅白戦は選手が昭和と平成生まれに分かれて対決。最後は平成チームの監督を務めた田島が祖父江に打たれ、昭和チームがサヨナラ勝ち。守護神は「負け投手になるのはこれが最後。来年また頑張ります」と話し、スタンドを笑わせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月26日のニュース