ソフトB高谷 シーズン盗塁阻止率1割台も…初回に2度刺す 4回にはタイムリーも

[ 2017年10月31日 19:52 ]

SMBC日本シリーズ2017第3戦   ソフトバンク―DeNA ( 2017年10月31日    横浜 )

<D・ソ>1回2死一塁、梶谷の盗塁を阻止する高谷
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの高谷が、初回に盗塁を2度刺す好守備を見せた。

 1点を先制したが、武田が制球に苦しみ、先頭の桑原を四球で出す。次打者・梶谷の2球目で盗塁を試みるが、二塁への正確なスローでアウトに。さらに梶谷も四球で歩き、2死一塁の場面でも同じように精度の高い送球で刺した。

 35歳のベテラン。今季は92試合に出場。62度盗塁を試みられ刺したのは12回と、盗塁阻止率は1割9分4厘だったが、大舞台で光るプレーを見せた。

 さらに、4回には1死二、三塁でセンターへ2点タイムリーを放ちチームい3点目をもたらすなど、攻撃でも魅せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月31日のニュース