元巨人助っ人・キャプラー氏、フィリーズ新監督に就任

[ 2017年10月31日 10:02 ]

巨人時代のゲーブ・キャプラー氏
Photo By スポニチ

 米大リーグ、フィリーズは30日、ゲーブ・キャプラー氏(42)の新監督就任を発表した。

 同氏は外野手としてメジャーで12年間活躍し、2004年のレッドソックス時代にはロバーツ新監督とともにワールドシリーズ制覇を経験。メジャー通算成績は1104試合で打率2割6分8厘、82本塁打、386打点。05年には巨人で外野手として38試合に出場した。

 10年を最後に現役を引退した後は解説者を経て、ドジャースの育成部門に籍を置いていた。

 フィリーズはマキャニン監督が率いた今季、66勝96敗で地区最下位に沈んだ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年10月31日のニュース