今度は内川!ソフトB 3戦連続初回先制 右中間適時二塁打

[ 2017年10月31日 18:42 ]

SMBC日本シリーズ2017第3戦   ソフトバンク―DeNA ( 2017年10月31日    横浜 )

<D・ソ>初回2死三塁、右中間へ先制の適時二塁打を放つ内川
Photo By スポニチ

 SMBC日本シリーズ第3戦は31日、横浜スタジアムで行われ、ソフトバンクが初回に内川聖一外野手(35)の適時打で先制した。

 先頭の柳田が右前打ですると、盗塁と犠打で1死三塁に。3番・デスパイネは空振り三振に倒れたものの、続く4番・内川がウィーランドから右中間を破る適時二塁打を放ち、1―0と先制した。

 第1、2戦でもデスパイネの適時打で初回に先制したソフトバンク。これで3試合連続での先制劇となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月31日のニュース