1点遠く…早実 来春センバツ絶望的 野村「力負けです」

[ 2017年10月31日 05:30 ]

秋季高校野球東京大会3回戦   早実0―1国士舘 ( 2017年10月30日    八王子市民 )

<早実・国士舘>早実・野村(中央)が国士舘の嶋崎(左)と健闘を称え合う
Photo By スポニチ

 早実は1点が遠く、来春センバツ出場が絶望的となった。国士舘のエース左腕・石井の前に打線が4安打と沈黙。8回1死一、二塁の好機も後続が倒れて生かせなかった。

 2安打2四球と奮闘した3番・野村は「力負けです。前で出る打者、後ろで還す打者がいないとこういう負け方になる」。清宮らが抜け、得点力アップが今後の課題。「夏は絶対に甲子園に行く」と冬の成長を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月31日のニュース