アストロズ 初のWS制覇に王手 劣勢はね返し10回サヨナラ勝ち

[ 2017年10月31日 05:30 ]

ワールドシリーズ第5戦   アストロズ13―12ドジャース ( 2017年10月29日    ヒューストン )

<アストロズ・ドジャース>延長10回、サヨナラ打のブレグマン(左端)はチームメートに祝福される(AP)
Photo By AP

 アストロズが再三の劣勢をはね返して初のワールドシリーズ制覇に王手をかけた。

 4点差の4回は人種差別的行為で来季開幕から5試合の出場停止処分を受けたグリエルが同点3ランを放った。5回にもアルテューベが同点3ラン。1点を追う7回は直前に守備でミスをしたスプリンガーの同点ソロとコレアの2ランで初めて先行。延長10回にブレグマンのサヨナラ打での決着に3安打4打点のアルテューベは「勝てるなら10時間の試合だっていい」と笑った。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年10月31日のニュース