ハム 宮台指名あいさつに“東大や京大の選手が活躍する方法”資料持参

[ 2017年10月31日 05:47 ]

日本ハム・大渕スカウト部長(中央)、西スカウト(右)から指名あいさつを受ける東大・宮台
Photo By スポニチ

 東大・宮台に指名あいさつを行った日本ハム・大渕隆スカウト部長は「宮台康平君、入団にあたり」という資料を持参。

 「東大や京大の選手が活躍する方法を資料にまとめて話した。プロでの考え方など」と説明した。個人に対しての資料の作成は珍しく、近年では12年ドラフトで高校卒業と同時にメジャー挑戦を希望していた大谷を強行指名した際に「夢への道しるべ」という資料を持参し入団交渉に臨んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月31日のニュース