楽天“投壊”10失点で自力2位消滅 梨田監督「痛い敗戦」

[ 2017年10月4日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天3―10西武 ( 2017年10月3日    メットライフD )

3回2死二塁、山川に2ランを打たれた美馬
Photo By スポニチ

 楽天は天敵・菊池から今季最多の3点を奪ったが、またしても勝てなかった。2点を追う8回に無死満塁としたが、代打の中川と足立が連続三振を喫して無得点に終わった。

 その裏に救援陣が5点を失い、万事休す。梨田監督は「8回が全て。(満塁になってから菊池の)ギアが上がった。あそこで1、2点取れていれば、その後に起用する投手も変わった」と悔しがった。菊池には昨季から11連敗。CSファーストSで再戦するだけに嶋主将は「(攻略へ)何とかこじ開けていかないと」と絞り出した。

 2位・西武とのゲーム差は3に広がり、指揮官は、「痛い敗戦」と肩を落とした。4日のロッテ戦で引き分け以下なら、3位が確定する。 (黒野 有仁)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月4日のニュース