巨人・山本 プロ初アーチがV満弾「何とか自分もと思っていた」

[ 2017年10月4日 08:34 ]

セ・リーグ   巨人10―6ヤクルト ( 2017年10月3日    神宮 )

9回に決勝の満塁弾を放った巨人・山本
Photo By スポニチ

 巨人は2年目の山本が、プロ初アーチを劇的な満塁弾で飾った。同点の9回1死満塁で秋吉のスライダーを左翼席へ。若手主体で臨んだ一戦で代走出場から快音を響かせ「みんなが活躍していたので、何とか自分もと思っていた」と声を弾ませた。

 初本塁打が満塁弾は、球団では08年の坂本勇以来。慶大出身で高橋監督の後輩の23歳。来季の飛躍へきっかけにしたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月4日のニュース