李スンヨプ、引退試合で2打席連発 日韓通算626本塁打に

[ 2017年10月4日 05:30 ]

ネクセン戦の3回、この試合2本目の本塁打を放つサムスン・李スンヨプ
Photo By 共同

 韓国の国民的英雄で、ロッテや巨人などでもプレーした韓国プロ野球・サムスンの李スンヨプ内野手(41)が3日、ネクセン戦で引退試合に臨んだ。「3番・一塁」で出場し、初回1死三塁で先制23号2ラン。3回には24号ソロと2打席連続本塁打を放った。

 04年からロッテ、06年からは巨人に所属して4番として活躍。11年のオリックスを最後に韓国球界に復帰し、日韓通算では23年間で626本塁打をマークした。08年北京五輪では金メダル獲得にも貢献した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月4日のニュース