広島、4選手に戦力外通告 カープ一筋12年・今井「プロとしては一区切り」

[ 2017年10月4日 11:53 ]

広島・今井
Photo By スポニチ

 広島は4日、広島市内の球団事務所で戦力外通告を行った。全4選手に及んだ。

 広島一筋12年の今井啓介投手(30)は「プロとしては一区切り付けようかなと。去年1軍に上がれず、フォームなどを変えてやってきた。必要とされなかったら今年でユニホームを脱ごうと思ってやってきた。全然、後悔はない。次のステージにいこうかなと」と語った。

 今季は1軍で4試合に登板し、防御率5・40。通算成績は114戦8勝20敗、防御率3・59だった。

 ほかに小野淳平投手(30)。多田大輔捕手(21)、育成・松浦耕大捕手(24)が通達された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月4日のニュース