ドラフト上位候補の奈良学園大・宮本「山田哲人さんに少し近づけた」 豊中かがやき大賞受賞

[ 2017年10月4日 18:01 ]

「豊中かがやき大賞」を受賞した今秋ドラフト上位候補の奈良学園大・宮本丈内野手
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト上位候補の奈良学園大・宮本丈内野手(4年)が4日、豊中市役所で「豊中かがやき大賞」を受賞した。日本や世界規模の大会や競技会で顕著な活躍をした個人または団体に送られる同賞。宮本は侍ジャパン大学日本代表の一員として第29回ユニバーシアード夏季大会で優勝に貢献したことが評価された。過去には履正社の先輩にあたるヤクルト・山田哲人内野手も受賞した栄えある賞に「山田さんは雲の上の人ですが、少しだけ近づけた気がします」と笑った。

 26日のドラフト会議まで1か月を切った。宮本は入団1年目の西武・源田や中日・京田を引き合いに出し「(ドラフトで指名されれば)自分も1年目から活躍したい」と瞳を輝かせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月4日のニュース