DeNA綾部、山口俊以来の高卒初登板初勝利「いい投球できた」

[ 2017年10月4日 07:58 ]

セ・リーグ   DeNA3―1中日 ( 2017年10月3日    横浜 )

中日に勝利しガッツポーズを見せる(左から)細川、ラミレス監督、綾部
Photo By スポニチ

 DeNAは高卒2年目右腕の綾部が先発で5回4安打無失点と快投し、初登板初勝利を手にした。高卒の初登板初勝利は、球団では06年の山口俊以来の記録。「いい投球ができて安心した」と笑みを浮かべた。

 霞ケ浦出身の20歳。1学年下の細川とは同じ茨城の高校出身で「2軍戦でもいつも打ってくれる」と感謝した。女手一つで育ててくれた母・麻衣子さん(44)が観戦。好物は母の作る“納豆チャーハン”という右腕は、試合後に「ありがとう」という言葉とともにウイニングボールを手渡していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月4日のニュース