ハム飯山 遊ゴロさばいて引退試合締め「多少もっていたのかな」

[ 2017年10月4日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム10―5オリックス ( 2017年10月3日    札幌D )

引退セレモニーで田中賢(左)から花束を渡され、涙ぐむ飯山
Photo By スポニチ

 日本ハム一筋20年の飯山が引退試合を勝利で飾った。大量7点リードの8回に遊撃で途中出場し、1死一、二塁から二ゴロ併殺を完成。9回2死では大城のゴロをさばいて試合を締め「多少はもっていたのかな」と照れ笑いを浮かべた。

 守備固めや代走として黄金期を支えた38歳。引退セレモニーでは自身の登場曲「勇次」をナインらが歌い上げるサプライズ映像が流れ「僕の知らないところであんなふうになっているとは」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月4日のニュース