銀ちゃん新人以来の1試合2発「雄星に勝ちを」山川はV2ラン

[ 2017年10月4日 05:30 ]

パ・リーグ   西武10―3楽天 ( 2017年10月3日    メットライフD )

8回1死二塁、左越え2ランを放つ炭谷
Photo By スポニチ

 西武・炭谷が新人だった06年3月29日のソフトバンク戦以来11年ぶりとなる1試合2本塁打で勝利に貢献した。「雄星に勝ちをつけるために必死だった」。

 4番の山川は3回に右中間に決勝22号2ランを放つなど猛打賞の活躍。8回は三塁打が出ればサイクル安打だったが、左飛に倒れ「無理です」と苦笑いだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月4日のニュース