メッツ 地元紙が次期監督候補を報じる 元ホワイトソックス指揮官ら

[ 2017年9月27日 10:20 ]

ベンチで戦況を見守るメッツのコリンズ監督 (AP)
Photo By AP

 米国のニューヨーク・ポスト紙(電子版)は26日、青木の所属するメッツの次期監督候補にホワイトソックス前監督のロビン・ベンチュラ氏(50)ら5名が挙がっていると報じた。

 現在、メッツの指揮をとるテリー・コリンズ監督(68)は今季で契約が満了。2015年にはチームをワールドシリーズ進出にまで導いたが、チームは同監督との契約を延長しないことが濃厚だ。

 そうした状況の中、同紙は早くも来季の監督人事について報道。情報筋の話として、ベンチュラ氏のほか、ケビン・ロング打撃コーチ(50)の内部昇格の可能性もあるとしている。

 さらに、アストロズのベンチコーチを務めるアレックス・コーラ(41)、ドジャースのベンチコーチを務めるボブ・ゲレン(56)やダイヤモンドバックスの前監督で現在はアスレチックスのベンチコーチを務めるチップ・ヘール(52)の招へいもあり得ると伝えている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月27日のニュース