メジャーで珍事 投球コースを叫んで観客退場 ネット裏から「外角だ!」

[ 2017年9月27日 14:48 ]

メジャーリーグの審判員 (AP)
Photo By AP

 26日(日本時間27日)に行われたヤンキース―レイズ戦で、バックネット裏に座る観客が投球コースを声に出して叫んだため、球審から退場を命じられた。

 8回、ヤンキースのサンチェスが打席の場面で球審は突然タイム。バックネット方向へ歩み寄り、球場のセキュリティーを呼ぶと、何かを指示した。現地放送局の実況は「一体どうしたのでしょう」とこの状況を把握できずにいたが、これは「観客を退場させろ」という指示。サンチェスとレイズのラモス捕手によると、球審の指差した観客はバックネット裏からスペイン語で「外角だ!外角だ!」と叫んでいたという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月27日のニュース