法大・船曳 復帰適時打で今季初の勝ち点「先発はびっくり」

[ 2017年9月27日 05:30 ]

東京六大学野球第3週最終日   法大7―6慶大 ( 2017年9月26日    神宮 )

<慶大・法大>6回1死一、二塁、法大・船曳は中越え2点適時三塁打を放つ
Photo By スポニチ

 法大は2回戦で右肩を亜脱臼した船曳が6回、1点を勝ち越した後の1死一、二塁から中越えへ2点三塁打を放った。

 リーグ1位の打率・524の好調打者を、青木久典監督は「投げられなくてもいいから」と「1番・中堅」で起用。「先発はびっくりした」という船曳は「6回まで3タコ。このままじゃ試合に出ている意味がないなと思った」と勝ち点奪取に笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月27日のニュース