DeNA浜口 “虎キラー”に先陣おまかせ 逆転2位へ必勝

[ 2017年9月27日 05:30 ]

笑顔で取材に応じるDeNAの浜口
Photo By スポニチ

 2位浮上へ、DeNAの「虎キラー」が先陣を切る。27日からの阪神3連戦の初戦に先発するドラフト1位左腕・浜口が、横浜スタジアムで調整。チームは24日から敵地・甲子園で2試合連続完封勝利と勢いに乗っている。9月の投手陣は1960年以来、57年ぶりの月間6完封をマークしており、「流れを止めないように、しっかりと準備してきた」と力を込めた。

 2位・阪神とは3・5ゲーム差。本拠地での直接対決で3連勝すれば、0・5差まで肉薄し、初のCS本拠地開催も見えてくる。少年時代から虎党だった浜口は、ここまで阪神戦4試合に先発して3勝0敗、防御率2・63とセ5球団の中で一番得意としている。9月10日の対戦こそ、5回途中で5失点だったが「前回は立ち上がりに慌ててしまった。今回はしっかり初回に合わせていきたい」と修正も誓った。

 浜口自身にとっても、重要な一戦となる。現在9勝で、球団の新人左腕では58年の鈴木隆以来59年ぶりの2桁勝利に王手をかけている。大一番で白星を手にすれば、一騎打ちの様相を呈している中日・京田との新人王争いでも大きなアピールとなる。「いつもと変わらず、自分のベストが出せるように」。得意の虎狩りで、CS本拠地開催と新人王のタイトルを引き寄せてみる。(中村 文香)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月27日のニュース