オリ今季ワースト14失点 福良監督あきれ顔「打たれ過ぎ」

[ 2017年6月18日 05:30 ]

交流戦   オリックス5―14DeNA ( 2017年6月17日    横浜 )

6回1死満塁、DeNA・戸柱(右)に右越え満塁弾を浴びたオリックス2番手・吉田一
Photo By スポニチ

 オリックスは登板5投手がいずれも点を与え、今季ワーストの14失点を喫した。福良監督は開口一番「打たれ過ぎましたね」とあきれ顔だった。3―2の6回に2番手の吉田一が戸柱に逆転満塁本塁打。代打モレルの2ランで1点差に迫った7回には近藤と佐藤達で計7点を奪われた。

 3年ぶりの交流戦勝ち越し目前で6連敗。福良監督は18日の最終戦に向けて「全力で取りにいく」と気合を入れ直した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月18日のニュース