広島・エルド、しぶとく同点打「うまくアジャストできた」

[ 2017年6月18日 05:30 ]

交流戦   広島3―2ソフトバンク ( 2017年6月17日    マツダ )

4回裏2死二、三塁、同点2点適時打を放ち、玉木コーチ(左)とグータッチをかわすエルドレッド
Photo By スポニチ

 広島・エルドレッドが攻守に奮闘した。0―2の4回2死二、三塁で、詰まらされながらも中前に同点打を運び「うまくアジャストできた。2点取れたのが大きかった」と喜んだ。

 1点リードの9回2死二、三塁から、ゴロを処理した三塁手・安部の送球がショートバウンドとなったがボールを落とさず勝利。「一番必要なプレー。頑張った結果がアウトになった」と誇らしげだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月18日のニュース