中日・木下拓“ラッキー”に笑顔 打球がベースに「日頃の行い」

[ 2017年6月18日 05:30 ]

交流戦   中日4―1西武 ( 2017年6月17日    ナゴヤD )

2回、1死二、三塁、先制の右犠飛を放つ木下拓
Photo By スポニチ

 中日は2年目捕手の木下拓がプロ入り初となる1試合2打点。2回1死二、三塁から先制の右犠飛、4回1死一、二塁では打球が一塁ベースに当たる適時二塁打となり「ラッキーでした。日頃の行いが良くてベースに当たったかな」と笑った。

 初めてバッテリーを組んだ先発バルデスも好リードしチームの連敗を3で止める勝利に貢献した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月18日のニュース