ロッテ 5連敗 延長戦で逆転サヨナラ負け 伊東監督「全然、諦めていない」

[ 2017年6月18日 20:47 ]

交流戦   ロッテ5―7巨人 ( 2017年6月18日    東京D )

12回1死一、二塁 巨人・亀井(奥)に逆転サヨナラ3ランを打たれたロッテ・大嶺祐                      
Photo By スポニチ

 ロッテは逆転サヨナラ負けを喫し、5連敗で交流戦を終えた。延長12回に1軍出場が2試合目の柿沼がセーフティースクイズを決めるなど2点を勝ち越したが、プロ11年目でまだセーブを記録したことがない7番手の大嶺祐が痛打された。

 伊東監督は「仕方ない。一番、痛い形で負けたけど選手はよく頑張ってくれた」とナインをかばった。借金は25に膨らんだが「全然、諦めていない。次の試合までにやりたいことを練習でやりたい」と巻き返しを期した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月18日のニュース