西武 牧田が今季初黒星「対左打者は永遠の課題」

[ 2017年6月18日 18:35 ]

交流戦   西武3―4中日 ( 2017年6月18日    ナゴヤD )

7回、勝ち越し点を奪われた西武・牧田
Photo By スポニチ

 西武は3―3の7回に救援した牧田が亀沢に決勝打を浴びて今季初黒星。この試合まで防御率0・29と抜群の安定感だったが、「打たれた球は甘かった。対左打者は永遠の課題。捕手の要求に応えられるようにしたい」と反省を口にした。

 2カード連続負け越しに辻監督は「牧田にしてはあれだけ逆球があったらね。勝ちパターンで行けると思っから。そりゃ点も取られるよ。(防御率も)0点台だから」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月18日のニュース