ハム4安打零敗…新打線沈黙に栗山監督「こちらの責任」

[ 2017年6月18日 05:30 ]

交流戦   日本ハム0―5ヤクルト ( 2017年6月17日    神宮 )

7回無死、中田は捕邪飛に倒れる
Photo By スポニチ

 日本ハムは中田、レアード、大田で中軸を組んだ新打線がブキャナンの前にわずか4安打で零敗。3カードぶり負け越しで交流戦の負け越しも決定し、栗山監督は「何とかできなかったのはこちらの責任」と悔しそう。

 4回は2死から中田が四球で出塁し、レアードも右前打でつないだが、大田が空振り三振。四球以外の3打席は全て凡退の中田は「明日、何とか勝って(札幌に)戻りたい」と切り替えていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年6月18日のニュース