巨人・杉内 今年初めて捕手を座らせ20球「問題なく投げられた」

[ 2017年1月30日 08:00 ]

 巨人・杉内俊哉投手(36)が29日、川崎市のジャイアンツ球場で2軍の合同自主トレに参加し、ブルペンで20球の投球練習を行った。今年初めて捕手を座らせ、スライダーも交えた。「普通に投げられて良かった。自主トレでは立ち投げで1回投げた。座っても投げられるかなと。問題なく投げられた」と納得の表情で振り返った。

 2015年に右股関節の手術を受け、昨年は1軍登板なし。今季に懸ける思いは強い。「キャンプでは寒くなければ初日からブルペンに入ろうと思っている。昨年の秋のキャンプは86球が最多だったので、100球を投げられるようにしたい。試合形式でもなるべく早く投げたい」と意欲を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年1月30日のニュース