楽天・梨田監督 外国人野手にも“スモールベースボール”徹底へ

[ 2017年1月30日 05:30 ]

 楽天・梨田監督が外国人野手にも「スモールベースボール」を求めた。

 「相手投手に球数を投げさせるためにファウルで粘ることも必要。走塁も“僕は足が遅いからいいです”じゃなくて、あと1歩(リードする)という部分をみんなが意識しないと。外国人選手3人にもキャンプで言う」。アマダー、ウィーラー、ペゲーロと大砲タイプがそろうが緻密な野球で昨季リーグ5位に終わった544得点からの上積みを目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年1月30日のニュース