ソフトBドラ1正義 和田にくぎ付け「ある意味、芸術」

[ 2017年1月30日 05:30 ]

練習の合間にブルペンで投球練習する和田(右)を見つめる田中
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのドラフト1位・田中(創価大)が、「和田マニア」になる。福岡県筑後市のファーム施設で、昨季の最多勝左腕のブルペンを食い入るように見つめた。

 「ある意味、芸術。ずっと見ていられる。そこにレールが敷いてあるような(軌道)」。この日で新人合同自主トレは終了。キャンプはA組(1軍)スタートで、投手会も予定されている。「技術を聞きたい。練習の意図やどんな狙いでやってるか」と、成長のために一流の技術を吸収する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年1月30日のニュース