ロッテ益田に任せた“火消し役” 千葉市消防局がポスター起用

[ 2017年1月30日 05:30 ]

 今季抑え候補のロッテ・益田が、2月1日のキャンプインを前に早くも守護神に指名された。千葉市消防局が「春の火災予防運動(3月1〜7日)」を前に作製したポスターに「火災予防の守護神」として抜てき。同市内4000カ所に掲示予定で、益田の登場は千葉市消防局がポスターへの選手起用を始めた13年以来となった。このシーズンはセーブ王を獲得しており、4年ぶりの返り咲きは目標に掲げるタイトル獲得に向けても吉兆だ。

 火消し役の右腕は「自分も好投することで、このポスターに込められている思いを広く伝えることができればと考えております」。火災と救援失敗の「ダブルゼロ」を誓うと、「前回セーブ王を獲っているので今年も精いっぱい、頑張って狙っていきます」と力強く宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年1月30日のニュース