中日新助っ人ゲレーロ イケメン3発!トム・クルーズ似 本職も期待大

[ 2017年1月30日 07:37 ]

ビシエド(左)とゴロ捕球をするゲレーロ
Photo By スポニチ

 中日の新外国人アレックス・ゲレーロ内野手(30、元ドジャース)が29日、沖縄・北谷の先乗り合同自主トレに参加。ビシエドと並ぶ主軸候補は、14年ドジャース傘下でプレー中に同僚と乱闘になり左耳をかみちぎられた事件もあったが、実像はさわやかなイケメン。米国では人気俳優トム・クルーズに似ていると言われていたことも明かした。

 「マイアミではトム・クルーズに似ていると言われたことがあるよ」

 もちろん、顔だけではなく本職でもイケてる片りんを見せた。この日は来日後、初めての屋外フリー打撃を実施。軽めながら29スイングで柵越えは左方向に3本放ち、並んで打っていたビシエドの2本を上回った。マイアミの自宅はビシエド邸の近くにあり、ビシエドも「15歳の時にキューバの相手として戦ったから(ゲレーロを)知っている。チームの勝利に貢献できるようなバッティングをすると思う」。来日1年目の昨季、打率・274、22本塁打、68打点と結果を残した主砲からも、適応力に太鼓判を押された。

 「初日にしては良かったけど、時差もあって少し疲れもある。もっといいスイングができるし、もっと大きいのを打てるよ」とゲレーロ。最下位に終わった昨季、チーム総得点500はリーグワーストだっただけに、イケメンのバットが、得点力アップにつながるはずだ。 (細川 真里)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年1月30日のニュース