オーストラリア代表 2強脅かす好選手ズラリ

[ 2017年1月25日 05:30 ]

WBC侍ジャパンのB組ライバル

 4大会連続出場のオーストラリアは、初の2次ラウンド進出を狙う。

 メジャー組の注目は昨季53試合に登板したヘンドリックス(アスレチックス)。09年大会には20歳で出場し、今大会もメンバーに入れば大きな戦力だ。14年に楽天に在籍した左腕ブラックリー(タイガース)、メジャー通算381試合に登板した38歳のサイド右腕モイラン(前ロイヤルズ)も候補入り。15年にヤクルトで4本塁打を放ったデニングらの巧打者の名前も挙がり、日本とキューバの2強を脅かす存在だ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年1月25日のニュース