大谷の決意 ダル&マー君WBC不参加も「このメンバーで勝ちにいく」

[ 2017年1月25日 07:38 ]

打撃練習を行う大谷
Photo By スポニチ

 日本ハムの大谷はWBCに向け、改めて「素晴らしい選手しか選ばれていないと思うし、選ばれて光栄。頑張りたい」と意気込みを口にした。

 合同自主トレを行ったレンジャーズのダルビッシュ、ヤンキースの田中らメジャーの投手陣は所属球団の事情などで不参加。それでも「一緒にやったことがなかったのでやりたかったけどしょうがない。このメンバーで勝ちにいきたい」と世界一を見据えた。

 この日は千葉・鎌ケ谷の2軍施設で自主トレを実施。室内でフリー打撃に取り組み、打撃投手は3年目右腕の石川直が務めた。わずか6スイングだったが、早くも「生きた球」で目慣らしを実施。最後の2球は左翼方向に安打性の打球を飛ばした。2月のアリゾナキャンプに向けては「暖かいのでやりやすいと思います」と笑顔で話した。 (山田 忠範)

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年1月25日のニュース