マリナーズ、マルティネス氏の背番「11」永久欠番に

[ 2017年1月25日 09:44 ]

 米大リーグ、マリナーズは24日、18年間チーム一筋にプレーし、首位打者2度、打点王に1度輝いたエドガー・マルティネス氏(54)の現役時代の背番号11を永久欠番にすると発表した。

 同球団ではイチロー(マーリンズ)や佐々木主浩氏の元同僚で、現在は打撃コーチを務める。ケン・グリフィー氏に続く球団2人目の永久欠番(42を除く)に、シアトルの本拠地球場での記者会見では「自分と家族にとって素晴らしい栄誉だ。こうなるとは想像もしたことがない」と述べた。

 1987年にメジャーデビューし、通算成績は打率3割1分2厘、309本塁打、1261打点。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年1月25日のニュース