元ソフトB李大浩 6年ぶり韓国ロッテ復帰 4年総額15億円

[ 2017年1月25日 05:30 ]

マリナーズ時代の李大浩(AP)
Photo By AP

 マリナーズで昨季14本塁打を放った元ソフトバンクの李大浩(イ・デホ)内野手(34)が、6年ぶりに韓国プロ野球のロッテに復帰する。

 韓国の聯合ニュースによると、4年総額150億ウォン(約15億円)で古巣と契約し「米国でプレーする夢をかなえた。次の夢はロッテに復帰してチャンピオンになることだった」と話した。オリックス、ソフトバンクでの日本通算4年間で98本塁打、348打点の大砲は、米1年目の昨季は104試合に出場、オフにFAとなっていた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年1月25日のニュース