ロッテ 涌井が2億5000万円で更改、契約年数は明言せず

[ 2017年1月25日 18:16 ]

 昨季で3年契約が終了したロッテの涌井秀章投手は25日、ZOZOマリンスタジアムで契約更改交渉に臨み、3千万円増の年俸2億5千万円でサインした。順調なら今オフにフリーエージェント(FA)権を再取得するため、契約年数が注目されたが、本人と球団の双方が明言を避けた。林球団本部長は「(ロッテで)長くやってもらいたいという思いは一致している」と話した。

 ロッテに移籍後の3年間で33勝を挙げた涌井は今季に向けて「どの成績も過去最高をと常に思っている。18は勝ちたい」と意欲を示した。1月は米ハワイ州などでトレーニングを積み、順調に調整を進めている。

 林本部長は「この3年間、ローテーションを外れたことがない。こんなに頼りになる人はいない」と高く評価した。(金額は推定)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年1月25日のニュース