木田画伯 加藤初さん「鉄仮面」の優しい目忘れません

[ 2017年1月25日 19:39 ]

加藤初さんへの感謝をつづった木田画伯
Photo By 提供写真

 日本ハム・木田優夫GM補佐(48)による「木田画伯の球界絵日記」は、海外自主トレについて。今は海外での自主トレも珍しくなくなりましたが、かつては国内が当たり前でした。そんな巨人時代、初めての海外自主トレに誘ってくれたのがベテラン投手の加藤初氏でした。飛躍のきっかけとなったハワイ自主トレを思い出し、キャンプイン前に願うのは選手たちがいい準備をしてくれることです。

 ファイターズは今月28日に米アリゾナに出発して、4日間の合同自主トレを行った後、2月1日にキャンプインします。このオフシーズンは優勝したこともあり、去年よりもバタバタしていて短い感じがしました。もうキャンプインなんだというのが正直な実感です。ただ、選手たちはその間もしっかりとトレーニングや練習をしてくれていたようで、その中には海外で自主トレを行っていた選手もいました。

 僕も現役でファイターズにいたころはロサンゼルスで自主トレをしていましたが、初めて海外で自主トレを行ったのは巨人時代の1990年。まだ海外自主トレが珍しいころに、加藤初さんに誘われてハワイの加藤さんの別荘に泊まり込んで練習をしたときでした。前年から12月、1月のオフシーズンに監督、コーチが選手を指導できないという協定が確立されて、その年は加藤さんの呼びかけで槙原さん、斎藤さんが一緒に自主トレを行い、大活躍をしたので、この年は僕を含めた何人か若手投手に声をかけてくれました。

 最初はお金もかかるし、断ろうかと思ったのですが、大ベテランの加藤さんと一緒に練習ができる機会を逃す方がいけないと思い、参加しました。ゴルフが大好きだった加藤さんとの自主トレなので朝5時に起きて午前中は野球、昼からゴルフという2週間でしたが、凄く勉強になり、この年は僕のキャリアで唯一の2桁勝利(12勝)、そして奪三振1位(182奪三振)となる最高のシーズンとなりました。

 その加藤さんが去年お亡くなりになりました。病気になられてから、お会いすることができないままになってしまったことが本当に残念です。「鉄仮面」と言われて、いつも怖い顔をしていましたが、僕ら若手に話しているときの優しい目は今でも忘れていません。 (日本ハムGM補佐)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年1月25日のニュース