缶からプラスティック容器へ ブルージェイズがアルコール販売の方針変更

[ 2016年10月11日 09:11 ]

プラスティック容器に入ったビールを手にするブルージェイズファン (AP)
Photo By AP

 ブルージェイズは9日にアルコール販売に関する方針の変更を発表。安全対策のために今季のプレーオフ期間中、本拠地ロジャーズ・センターにおいてビールを販売する際は、缶やビンからプラスティックの容器に移し替える措置を取るという。

 これは、4日に同球場で行われたワイルドカードゲームで、観客席から缶が投げ込まれたことを受けてのもの。フライの捕球姿勢に入ったオリオールズの外野手、金賢洙(キム・ヒョンス)をめがけてファンが捕球を阻止しようと中身の入った缶ビールを投げる行為が見られた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月11日のニュース