野村 第2戦先発へ「必死に投げるだけ」首不安は一蹴

[ 2016年10月11日 09:15 ]

笑顔でキャッチボールをする野村
Photo By スポニチ

 ファイナルSの対戦相手がDeNAに決まったことを受け、13日の第2戦で先発が見込まれる広島の野村は「いい打線。勢いもある。でも、相手がどこでも自分の投球をするだけ。やることは変わらない」とし、言葉に力を込めた。

 6日のJR西日本戦で打球を受けた、首への不安を問う声には「関係ない」と一蹴。「短気決戦なので一戦も落とせない。勝つために必死に投げるだけ」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月11日のニュース