巨人 ドラ1候補に立命大150キロ右腕・桜井が急浮上

[ 2015年10月21日 05:42 ]

立命大・桜井

 巨人のドラフト1位候補として、立命大の最速150キロ右腕・桜井が急浮上した。20日、都内の球団事務所でのスカウト会議後、山下哲治スカウト部長が「ストレートに切れがあり、コントロールもいい。投球が安定している」と話した。

 関西学生リーグで通算27勝。これまで球団内では1位候補の「Aランク」に挙げられたことがなく、ドラフト会議直前で一気に評価を上げた形だ。

 その他の1位候補は富士大・多和田、仙台大・熊原、大商大・岡田、明大・高山、青学大・吉田、東海大相模・小笠原がリストアップされた。同部長は「投手か野手か、即戦力か将来性か、はっきりしたことは決まっていない」と説明。現時点で指名選手は確定させておらず、直前まで指名順のシミュレーションを重ねる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月21日のニュース