DeNA ラミレス新監督が就任会見「ラミちゃん監督と呼んで」「優勝目指す」

[ 2015年10月21日 16:10 ]

就任会見を笑顔で行うラミレス新監督

 DeNAのアレックス・ラミレス新監督(41)が21日、横浜市内のホテルで就任会見を行い、「みなさんこんにちは。横浜DeNAベイスターズの監督のアレックス・ラミレス、ラミちゃんです」と最初に日本語であいさつ。続けて英語で「まずはこの場所にいられることを光栄に思います。ファンが望んでいる優勝できるチームを目指して頑張ります。よろしくお願いします」と抱負を語った。

 質疑応答で、監督になったタイミングについて聞かれると「少し早かったかなと思いましたが、素晴らしい機会をいただけてうれしい。現役時代の成績がこのような機会をもらえることにつながったと思っています」と答えた。

 期待している選手については「筒香選手に期待している。そのほかにも梶谷選手はリーグを代表する選手になっていますし、2人を軸にチームづくりをしたい。もちろんファームなど他の選手にも期待している」とコメントした。

 呼び方については「現役時代はラミちゃんと呼んでもらった。これからはラミちゃん監督と呼んでもらえればと思います」と話した。また、背番号は80に決定した。

 2012年の球団創設から4年間を指揮した中畑清監督(61)が最下位に終わった責任を取る形で退任。球団はシーズン終了後から後任候補の人選に着手し「中畑路線の継承」「横浜にゆかりのある人物」を条件として後任の人選を進め、ラミレスに白羽を立てた。

 ◆アレックス・ラミレス 1974年10月3日、ベネズエラ生まれの41歳。91年にインディアンスに入団し、01年にヤクルト入り。08年に巨人に移籍し、同年から2年連続でMVPに輝いた。12年にDeNAに移籍し、13年に外国人選手初の2000安打を達成。14年はBC・群馬でコーチを兼任し、同年限りで現役引退。主なタイトルは首位打者1度、本塁打王2度、打点王4度。今年はオリックスの巡回アドバイザーを務めた。通算成績は1744試合で打率.301、380本塁打、1272打点。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年10月21日のニュース