ヤクルト7選手に戦力外通告 08年ドラ1赤川「何も考えられない」

[ 2015年10月2日 12:06 ]

 ヤクルトは2日、都内の球団事務所で7選手に戦力外通告を行った。

 08年ドラフト1位の赤川は「まだ何も考えられない。今後は決まっていません」と話し、11月の合同トライアウト受験については未定とした。

 江村、大場はトライアウトを受ける方向。金伏、川崎は現役引退が濃厚。七條、中根は未定とした。

 また池山2軍野手総合コーチも球団事務所を訪れ、退団のあいさつを行った。「5年間お世話になった。山田哲人が頑張ってくれたり、一軍コーチのときはバレンティンの日本記録があった。そういう意味では打つことに関しては少し役に立てたのかな。最終的には本人の力なんだけどね」と振り返っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月2日のニュース