キヨシ監督、無念の逆転負け「緊迫した試合でもミス…それが今のレベル」

[ 2015年10月2日 22:02 ]

<D・巨>ベンチのDeNA・中畑監督

セ・リーグ DeNA1―4巨人

(10月2日 横浜)
 今季限りで辞任する意向を表明したDeNAの中畑監督は、逆転負けに無念の表情を浮かべた。

 2回、ロペスの25号ソロで先制しながら、その後は追加点が奪えず逆転負けで3連敗。1―2で迎えた6回には安打と敵失で無死一、二塁と絶好のチャンスを迎えながら二走・荒波が捕手のけん制に刺されてアウト。1点差で迎えた9回の守りでは、連続四球などで2死満塁とされてから坂本のセンターへの強い当たりを荒波が後逸(記録は二塁打)して決定的な2点を失うなど手痛いミスも目立った。

 中畑監督は「走塁ミス、それから捕球ミス、あとは四球による失点、と。野球でミスを犯したら負けゲームになりますよという…」と振り返り、「こういう緊迫したゲームでもミスを犯してしまうってところが今のうちのレベルなのかな。一生懸命やっているんですけどね」と唇をかんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月2日のニュース