マイコラス 勝てなくても「自信失わず」日本1勝目に最高の笑顔

[ 2015年5月28日 21:13 ]

<巨・西>来日初勝利のマイコラス(左)はウイニングボールを手にアンダーソンと笑顔

交流戦 巨人4―1西武

(5月28日 東京D)
 6試合目でつかみ取った来日初勝利。巨人・マイコラスは本拠地・東京ドームのお立ち台で「とてもうれしい」と最高の笑顔を浮かべた。

 8回まで西武打線を5安打10奪三振の無失点に抑えた。「投げていて感触が良かった。野球を楽しめたよ」。123球の好投に胸を張った。

 前回21日の阪神戦(甲子園)では7回まで1安打に抑え、1点リードで迎えた8回に先頭打者に安打を許したところで降板。救援陣が逆転を許して初勝利はお預けとなったが「自信を失わないように」心がけ、この日の好投につなげた。

 2回に先制の右越え3号ソロを放ったアンダーソンも、右腕の来日初勝利を祝福。「コンパクトに振り抜くことしか考えてなかった。初勝利に貢献できて良かった」と笑顔で「サイコーデース!」を連発していた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2015年5月28日のニュース