ヤクルト真中監督、20年来のファンと再会「ありがたい」

[ 2015年5月28日 19:11 ]

ヤクルト・真中監督が、20年来のファンと「再会」した。

 首都圏5球団共同事業野球女子倍増プロジェクトの企画「あなたの夢、かなえます」で、大田区在住の朝日理恵子さん(31)の夢が実現。朝日さんは20年前の小6時に栃木県内で行われたトークショーで、当時現役選手だった真中監督を見てから熱烈なファンになり、就職して上京後は神宮球場にも足繁く通ったという。野球好きが縁で出合った陽彦さん(32)と昨年結婚。感謝を伝えたい、と思いを込めた手紙を読み上げた。

 目の前で熱い思いを伝えられた指揮官は「恥ずかしいなあ」と赤面しながら「ありがたいね。こういう思いもありますから、優勝目指して頑張りたい」。20年前にもらったサインボールを手に記念撮影も行った朝日さんは「優しくてますます好きになりました。ちょっとふくよかになられたが、おおらかな温かさがあって素敵な監督さんです」と感無量の様子だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月28日のニュース