国学院大タイ勝 鈴木薫ランニング弾含む2発「無心で振った」

[ 2015年5月28日 05:30 ]

<国学院大・駒大>2本塁打を放った国学院大・鈴木薫(左)

東都大学野球最終週第2日 国学院大6―1駒大

(5月27日 神宮)
 2回戦1試合が行われ国学院大が駒大を下し、1勝1敗のタイとした。7番の鈴木薫外野手(4年)がランニングホームランを含む2本塁打3安打4打点と大暴れ。リーグ戦初先発の左腕・安西拓人投手(2年)が4安打11奪三振1失点完投で初勝利をマークした。

 国学院大の鈴木薫が持ち味を発揮した。2点リードの3回2死、直球を振り抜くと打球は中堅フェンスを直撃。相手守備がもたつく間に50メートル5秒8の俊足を飛ばして本塁に駆け込んだ。リーグ戦1号をランニング本塁打とすると、9回にはダメ押しの右中間越え3ラン。「無心で振った。下半身をしっかり使えた」と笑顔を見せた。4月下旬に左足首捻挫したが「いろいろ挑戦したい」と巻き返しへ貪欲だった。

 ▼国学院大・安西 打たれても点が入らなければ良いと思っていた。カーブとフォークをうまく交ぜて、適度に荒れていたのが良かったと思う。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2015年5月28日のニュース